住宅ローン徹底比較!おすすめ住宅ローンランキング

住宅ローン徹底比較!おすすめ住宅ローンランキング

最近の住宅ローンは銀行間の競争激化の為、どんどん複雑になっています。日本住宅ローンアソシエイトでは選定の際に必要な5大ポイントを分かりやすくまとめ、その中での人気の住宅ローンランキング情報をお届けしております!

人気ランキングを見る

住宅ローン借り換えの条件とタイミングは?

住宅ローンの借り換えは、正直に言いましてかなり面倒です。筆者も住宅ローン借り換えの経験がありますが、できるならばもう経験したくないですね。とは言っても実際に大きなメリットがあるならば借り換えをやるべきです。長い付き合いになる住宅ローンですから、一生を快適にするためならば一時の面倒は我慢する…という気持ちを持って考えましょう。

では、具体的にどういう条件とタイミングで借り換えをするのでしょうか?借り換えした方が良い条件とタイミングについて簡単に三つのポイントにまとめました。

  • 借り換える事で、0.5%以上の金利低下が見込める
    他金融機関へ借り換える場合には、新規で借入れする場合と同様に、保証料金や事務手数料などが必要になります。それらの負担を考慮した上で優位性を出すとなると、おおよそ0.5%以上の金利差は必要になります。
  • 現在の住宅ローン残高が1,000万円以上ある
    諸費用負担を考えるとなると、当然ある程度の残高が存在することが条件となります。ローン残高が1,000万円以上残っていて、他条件も満たしているのであれば、ほとんどの場合、かなり得をすることができるのではないかと思われます。
  • 残りの返済期間が10年以上ある
    上記と同じ考え方で、返済期間が残り短い場合は効果が薄くなります。諸費用負担によっては、逆に損をする場合も考えられますし、何しろ借り換え申込の手間を考えると、なかなかモチベーションもあがってこないかもしれません。これも一つの目安として、返済期間が10年以上あるならば、お得な場合が多いと考えられるでしょう。

依然として低金利時代が続いており、更に最近の住宅ローンは優遇金利制度が充実しています。史上最低金利と言われた2000年前後よりも、実質的に低い金利で利用できることが多いのです。この機会を上手に利用して借り換えを行い、毎月の返済額を減らし、完済までの金額と時間を大幅にカットしましょう。くどいようですが借り換えには、非常に手間がかかります。じっくり・ゆっくりと検討するためにも、まずは有望な住宅ローン商品を資料請求する必要があるでしょう。借り換えの審査は時間がかかるので、借り換えたいタイミングを逃すことなく、早めに行動を起こすことが将来の節約につながります。

住宅ローン人気ランキングを見る

ページTOPへ